神奈川県立 横浜緑ヶ丘高等学校


校概要

#
学校概要
教育目標
教育活動
各種報告

2011年度の主な教育活動(報告)

学力向上進学重点校(県指定)
「社会のリーダーとなる人材の育成を目指したバランスの取れた学力の養成」
 総合的な学力向上への積極的な働きかけ
 生徒自身が主体的に学ぶ姿勢の涵養
 豊かな人間性の育成・多様な学習希望、進路希望に対応する学校づくり
 興味、関心に応じた特色ある教育内容の充実
理数科教育研究校(県指定)
平成25年度から実施される新たな高等学校学習指導要領の趣旨に基づき、 教育課程の開発及び指導内容等について、当該教科の先導的な研究を通じて、 その取組と成果を全県立高校に向けて普及、推進する拠点校として取り組みました。
総合的な学習の時間の充実
芸術文化、社会科学、人間科学、国際教養、環境・情報の5分野に分かれ、年次計画に沿ってさまざまな取り組みをしました。以下抜粋。
 
総合学習課題報告会 6月28日(3学年)
 3年間の研修・調査を経て、論文を作成し報告をしました。
 
テーマ別研修7月講座・8月講座(1・2学年)
 全66講座を設定し、学校内外で様々な研修に取り組みました。
 
総合学習課題研究中間発表会 3月
少人数のグループ内で発表の後、代表者(47名)が1・2年生徒を前に研究したことを発表しました。
緑高セミナー 全4回
各方面で活躍中の方にお越しいただき、幅広い知見を授けていただく教養講座、原則土曜日実施(希望者・外部公開講座)
  
第1回 10月11日 「最先端マテリアルは面白い!」
(横浜国立大学 出張サイエンスカフェ)
     横浜国立大学大学院環境情報研究院 助教   脇原 徹 氏
 
第2回 10月29日 「南極観測50年を振り返る」
     日本極地研究振興会 理事長   吉田 栄夫 氏(本校OB)
【緑高セミナー第2回】
 
第3回 11月5日 「澄み切った音を追いかけて」
     箏曲家   石川 憲彦 氏
 
第4回 12月10日 「やさしくなるために〜他者を感じるためのワークショップ」
     劇作家   篠原 久美子 氏
  
【参加人数 のべ129名】
SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト) 2講座
文部科学省採択事業(希望者)
 7月21、22日  横浜市立金沢動物園連携
          「動物園で稀少動物について考えよう」
 
 8月25、26日  東京理科大学連携
          「エステルの不思議」
【参加人数 のべ41名】
芸術鑑賞 全2回
第1回 音楽 高校生のためのオペラハイライトコンサート
 県立音楽堂 6月23日(全学年)
 
第2回 演劇 わらび座ミュージカル「アトム」
 県民ホール大ホール 10月17日(全学年)
TOEIC講演会 5月16日
講演「使える英語の効果的学習法」 (1学年)
     講師  鹿野晴夫 氏
TOEIC全校受験 11月11日
全校生徒によるTOEIC-IPテスト受験も今年で3回目となりました。
携帯電話教室 9月16日
NTTドコモの杉森愛子氏より、安全な使い方、マナー、情報モラル等について講義していただきました。(1学年)
大学模擬授業 10月28日
大学の関係者を招き、11系統の学部学科の研究内容や、学部学科の選択
の際に考慮すべき内容を説明していただきました。(2学年)
進路講演会 11月11日
大学入試のシステムやその全体的な傾向など、また1年生のうちから心がけておきたいことなどをお話いただきました。(1学年)
     講師  駿台予備学校横浜校 校舎長 豊田 基行 氏
薬物乱用防止教室 11月25日
神奈川県保健福祉局業務課 麻薬取締官  大野 文明 氏
薬物による人体の影響などについて講演していただきました。(1学年)
人権講演会 12月14日
講演「子どもの人権」 (1学年)
     講師  弁護士  山根 大輔 氏 
修学旅行
12月14日〜17日 (2学年)
沖縄本島(3泊4日)
クラス別見学、平和学習、テーマ別体験学習、班別自主行動 


2010年度教育活動報告



© 2012 横浜緑ヶ丘高等学校. All rights reserved.