緑高はどこまでOK!?《制服部門》

そもそも制服そのものをアレンジするのはどうなのか、気になりませんか??
そこで!!制服そのものをアレンジするボーダーラインを調べてみました!!


1.ボタンを付け替える


【学ランの金ボタンにかえてみる】
こんな感じになります〜(^^)/

結果はOK◎!!
まっっったく注意されません(笑)ちなみに私のクラスでは、5人/22人が付け替えています。
サイズが大円×4、小円×4で、約1コイン(520円)で付け替えられます!
緑高の制服であることが注意されない一つの要因なのかもしれません・・・
そこで!!!


【市販の金ボタンにかえてみる】
学ランのボタンではなく、手芸屋に売っているボタンにかえるのはOKなのか検証してみました!
写真は一例です。


結果は・・・なんとOK◎!!
種類はあまり関係ないようです(笑)わたしの友達も一人付け替えています(^^)
しかし、値段が高めなので、学ランのボタンをおすすめします★!



2.校章の代わりにバッジをつけてみる


男女ともにつけている緑高の校章をつけなかったら注意されるのか、調べてみました!!
写真は一例です。


結果は・・・OK!!笑
実際に私も部活の友達とおそろいでつけかえています(*^^*)
しかし、あまりつけかえている人は多くないのでみんなに突っ込まれます(笑)



3.指定のスカート・ズボン以外のものをはいてみる


【指定外のスカートをはいてみる】
中学の制服のスカートをはいてみたらどうなるのか調べてみました!!


結果は・・・NG!!!
制服は規則として決まっているので、学校のものをはくべきだそうです。



【指定外のズボンをはいてみる】
なんと!私のクラスにお父さんの作業着を着てきた子がいました(笑)
緑高祭の準備でペンキがかかり、クリーニングに出したため、はくズボンがなかったようです(笑)

結果は・・・NG!!!
最後の最後の7時間目に数学の先生に注意されてました(笑)


☆まとめ☆
 自由な校風ということもあり、制服そのものに個性を出すことも許されていることがわかりました。
 しかし、「緑ヶ丘高校の」制服として決められたものがきちんとあるので、その規定内でアレンジすることを忘れないことが大切だと思います。
 規定を守りつつおしゃれを楽しめるといいですね(*^^*)